2016/5/7 丹後王国

京都府京丹後市の丹後王国へ行ってきました。始発で出発して最寄りの峰山駅に到着したのは正午頃。のどかなところです。
画像


そこから無料送迎バスで丹後王国へ到着。
画像


大阪の堺にあるハーベストの丘の規模を広くした感じですが、とにかく広かった 展望台から撮ってみました。右の方の緑色の四角いエリアは芝すべりの会場です。
画像


こちらは地元の食材を活かした飲食店が集まったエリア。
画像


ミニ動物園もありました。リクガメさん。
画像


ひつじさん。他にもウサギさんや豚さんもおりましたよ。
画像


丹後七姫たちが練り歩いておられました。今回のお目当てです。USJや坊ちゃん劇場、東京の劇場で見てきた箕輪菜穂江さんもメンバーです
画像


丹後王国の所々に、丹後七姫を紹介する看板もありました。
画像


この日は15時から、丹後七姫劇団によるショーがありました。
画像


会場の前のホワイトボードには、見事な手描きイラストが描かれていました。
画像


会場の中は、こんな感じ。椅子が数十脚並べられており、座って鑑賞することが出来ました。
画像


センターのなおちゃんは、乙姫役でした。向かって左側が安寿姫、右側は小野小町かな。
画像


左側は細川ガラシャ、右側は羽衣天女
画像


静御前。
画像


間人皇后。
画像


丹後七姫劇団、稽古やショーのない日は丹後王国内のショップで働いておられるとか。太鼓の稽古を頑張っているらしいし、異色の劇団ですね。
画像


現劇団員は6人しか居ないみたいですが、これからメンバー増やして、いずれ本公演をされるんでしょうねぇ。そのときは必ず見に行きたいと思いますし、それまでも時々イベントあるみたいなのでタイミングが合えば見に行きたいと思います。
画像


帰りは無料送迎バスで網野駅へ出ました。こちらは駅前に食堂もあるし、近くにお店もポツポツとあって峰山駅よりは駅前らしい駅でした 長年の大阪に住んでたのに全然知りませんでしたが、京丹後は丹後七姫伝説をとても推しているんですね。駅の周辺や中にも看板アドがたくさんありました。丹後王国は大阪からでも遠いですけど、近くには天橋立もあるし、カニやら海水浴場やらもあるので、家族で一泊旅行で来るのに良さそうです。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック