2015/9/5 小浜里砂ワンマンライブ

原宿のストロボカフェというところで、「小浜里砂100人ワンマンLIVE~雨に踊るバレリーナ~」と銘打ったワンマンライブがありました。
画像


小浜里砂さん、去年もワンマンライブをされたそうですが、なにせ私が小浜里砂さんを知ったのが今年なので、ワンマンライブは初体験 初めて見て以来、数回ライブを見せてもらいましたが、そんなに持ち曲が多く無さそうでしたので、どうなるかと不安に感じてましたが、タップリ楽しめましたよ 会場に入ると、この日発売のCD「雨に踊るバレリーナ」のジャケットがステージに投映されてまして、これがステキ お客さん皆さん写真に撮られてました。
画像


いよいよ開演、小浜里砂さん登場
画像


1曲目は最近定番になりつつある、さだまさしさんの「道化師のソネット」でした。
画像


小浜里砂さんネクタイされてて珍しいと思いましたが、バックを固めるタイムトラベラーズの面々もネクタイをされてました。ギターの福澤和也さん。
画像


ベースの岡部拓馬さん。
画像


オリジナル曲は聴いたことのある曲ばかりでしたが、カバー曲は初めて聴く曲も多くて新鮮な気分で楽しめました!
画像

画像

画像

画像


休憩を挟んで第2部となるのですが、小浜里砂さん仕様をチェンジだれてました! モチロン大きいライブだと途中で衣装をチェンジするのはありがちですが、今回は想定してなかったので得した気分を感じました それに、私が今年3月に初めて小浜里砂さんのライブを見たときには、まだアコギ弾き語りでしたので、ワンマンライブでは久しぶりに見られることを密かに期待してましたので、実現したときには感無量でした!
画像

画像


キーボードの坂上さんから、小浜里砂さんのサポートをすることになった経緯、思いの話がありました。そもそもは昨年12月、小浜里砂さんのバックでキーボードを弾いて下さってた方が仕事の関係で続けられなくなり、坂上さんの所へサポートを依頼に小浜里砂さんが来られたのだとか。その時に坂上さんとしては、小浜さんは音楽の経験も豊富じゃないし、今の時代は音楽が売れにくい時代だし、そのままでは売れるのは難しいだろうと感じられたとか。それで、小浜さんが売れるようになるために、バックでキーボードを弾くだけでなく、もっと深く関わっていこうと考えられた、というようなお話しでした。この日発売されたCDに収録されている3曲も坂上さんが全部作曲され、作詞もかなりの部分をされていますね。
画像


そんな坂上さんのイイ話をされているのを小浜里砂さんは脚をブラブラさせながらニコニコ笑顔で見つめられてた、その天真爛漫さが微笑ましかった
画像


小浜さんとしても、去年から本格的に音楽活動を始め、去年はがむしゃらに曲作りやライブを進めてきたけれど、今年はライブを本数を減らして、一本ずつのライブを質を高いものにすることを心掛けているというお話しでした。
画像


更に、小浜里砂さんの写真を続けます。
画像

画像

画像


そうそう、ドラムの服部さんですが、載せるのを忘れてました 私は気づかなかったのですが、服部さんは途中でドラえもんの顔が描かれたTシャツを着て登場されたそうですね。終演後には、ポンキッキのムックのTシャツを着て登場されてました 私もキティーちゃんのTシャツを着ていってまして、どうも服部さんとボケがカブってたみたいですので、今後は注意したいと思いました
画像


ともかく、事前に聞いていた話では、お客さんがかなり少ないかと心配してましたが、実際には観客席はかなり埋まってまました。小浜里砂さんやタイムトラベラーズの個人的なつながりで見に来られたお客さんも多かったようですが、学生自体の友人や先生が誰でも見に来てくれるって物では無いですから、見に来てもらえたことは素晴らしいことだと思います。今回見に来られた方々は皆さん満足された思いますが、来年はもっともっと沢山のお客さんに見に来てもらえるとイイなと思いました

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック