2012/5/3 Seapus2012

ゴールデンウィークも終盤ですね。いっぱい遊んだので何から書こうか困るのですが、まずはSeapus2012。Seapus大賞を選ぶ投票に参加するには2日券を購入しないといけないということなので2日券を購入しましたけど、参加したのは1日だけ。天候が心配でしたけれど、まさかの晴天 こちらは、YAMAGIWA STAGE。
画像


YAMAGIWA STAGEの司会の方。
画像


フェスなのでてっきり野外ステージだと思ってましたが、UMIGIWA STAGEはまさかの屋内。でも、ステージの後ろがガラス張りで、海がキレイでした
画像


折角なので、会場の外へ出て、景色を撮ってみました
画像


UMIGIWA STAGEのトップバッターが、我らが地慕里ジャンクション。午前10時50分ごろから。セットリストは、
1.みにくいアヒルの子
2.ポチがワンと鳴くその日まで
3.牛乳ちゃん
4.たまごっこ
5.アリ
6.キリギリス

幼稚園児ロックらしい曲ばかり6曲で、濃かった たまごっこは久し振りかな。たまごっこはラストの曲というイメージを持っていたので、もう終わるのかと思ったけど、ラストじゃ無かった ちぃぼーさんの卵スローイングを久し振りに見られるかと思ったけれど、投げなかったね。ちなみに、エイプリルフールのライブではハマジさんが装着していたカツラを、今回はキシベさんが装着してた。次回はトビさんが使うのだろうか? さらにちなみに、登場曲は、アジアの純真でした。

UMIGIWA STAGEの3番手で、雨先案内人登場。雨先さんはライブの序盤は雨ノ地晴太郎さんメインボーカルでめっちゃ元気な曲をやるのに、中盤で「シンデレラ」とか「夢はふくらむ」とか全然雰囲気の違う曲をやっちゃってズルい それが私のお気に入りな点なのですが、地慕里も6曲もやるなら、1曲ぐらいズルい曲をやったらよかったのにと思ったわけです。「嘘つきは純愛のはじまり」とか「バイバイキング」とか。幼稚園児ロックを標榜することでイイ面もあると思うけど、幼稚園児ロックを意識しすぎて損をしている面もあるんやないかと心配しました。

ちぃぼーさんも雨先案内人さんが好きだそうなのでライブを見ておられるんやないかとおもって、ライブ中きょろきょろしたんですけど、ちぃぼーさんは見当たらず。ちぃぼーさんLIVEを見られず残念やなあと思ってたんですけど、ライブが終わって振り返ったら、私の真後ろに、ちぃぼーさんが立ってた しかも、ハマジさんとトウフちゃんも一緒に。トウフちゃん大人しいね、全然気が付きませんでした

そこで私は次の目的地へ移動したんですが、地慕里メンバーと雨先メンバーとでビーチでバーベキューをされたとか。僕も参加したかったなぁ 雨先の小雨さん、朝に会場に到着されたときから、ずっと地慕里タオルを首に巻いておられて、ライブ中も地慕里タオルで汗を拭くのに使っておられて、嬉しかったですわ。雨先さん、6月に東京でワンマンLIVEをされるそうなので、行こうかなぁ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック