2012/3/27 「東雲十六夜」

劇団ラフメーカーの本公演「東雲十六夜」を見てきました。ラフメーカーの公演は何度も見てきて、毎回満足させてもらってますが、そんな中でも「東雲十六夜」を1,2を争うスバラシサでした 劇場はいつもの、シアターグリーンBOX in BOX THEATERでしたが、お通夜の後の寝ずの番の話ということで、ウェルカムボードもこんな感じ。
画像


寝ずの番の話なので暗めの話かなぁと思ってましたが、やっぱりラフメーカー、たっぷり笑わせてもらいました ところが、物語の序盤でいかにも終盤でキーになりそうな手紙が出てきたり、いかにも後半の謎解きに使われそうなエピソードが出てきまして、ほぼ結局予想通りの展開になるのですけど、実際にその場面になると泣けてきました。めっちゃ泣けてきました 会場のあちこちから、すすり泣く声が聞こえてきてました。予想通りの展開なのに、あそこで泣けるのは、予想通りだからこそ期待が高まっているからということもあると思いますけど、やっぱり小鶴さんが上手ってことなんでしょうね。

出演者のうち、ラフメーカー団員は、小鶴さん、園田さん、谷さんの3人だけですけど、客演さん達もラフメーカーの芝居でおなじみの方々が多くて、世名さんとか、小林さんとか、湯田さんとか、あいださんとか、団員では無いのが不思議なくらい、ラフメーカーによく出られてますよね。出演者全員、しっかり演じられる方ばかりなので、ラフメーカーの芝居は安心して楽しめます

セットは、スカイツリーが見えるマンションの一室でしたが、カッコいいせっとでしたわ。小劇場での一週間弱の公演なのに立派なセットで、もったいない気すらします。セットの端に書棚がありました。普通は背表紙が見えるように本は並べますよね。もちろんそのように沢山の本が並んでいるんですが、その中の一角に、不思議なことに「ダビンチコード」が表紙を前に向けて、3冊も並んでたんですわ。それは、私が最前列のセンターで観ていたから気付いたことで、気付いてない観客も多いと思うのですが、私は気付いたので気になっていたのですが、最後の方の台詞に「ダビンチコード」が出てきてまして、なるほどそういうことかと物凄く得心しましたです。そういうふうに、セットが細かく作り込まれているのも、イイですね。

さて、園田ひと美さんは、故人の兄の嫁の姉という役でした。まぁ、親戚ですね。園田さんは、ラフメーカーでは3枚目の役をされることもありますけど、今回は出演者の中で一番冷静で、落ち着いたお姉さん的な役でした。園田さんは、USJで3年間見せてもらいましたけど、独特の愉快なパフォーマンスをする方でしたけど、それは天然というよりも、ものすごく真剣に工夫をして役作りをされているような印象を持っておりました。そしたら最近、ラフメーカーのブログで小鶴さんが園田さんのことを、「苦労しながらも泣き事一つ言わず、必死に役と向き合ってくれた頑張り屋さん」と評しておられるではないですか やっぱり園田さんは、私が思っていた通りの人だったんだ!と分かって、嬉しかったのでした。

そんなラフメーカーの「東雲十六夜」は4月1日まで続きますので、皆さま是非に

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック