2011/7/10 高知

地慕里のライブを出た後、名古屋バスセンターから夜行バスで高知へ。高知へ行ったのは初めてですけど、面白いね。町じゅう、龍馬さんと、よさこいだらけ。風俗店がそんなに多いようには見えなかったけれど、風俗店の無料案内所が多数 そんな無料案内所まで「よさこい」を名前に使っているところもあって、よさこいの浸透度はスゴイ まずは、はりまや橋。有名なのに目立たない観光スポットとして、札幌の時計台と並び称される「はりまや橋」ですけど、ほんまやね
画像


高知城。時間が早すぎて、天守閣の中には入れず
画像


山内一豊さん。
画像


山内一豊の妻の像。
画像


再び高知駅へ戻ってきて、三英傑の像。
画像


そして、今回の旅の最終目的地、安芸市へ。ここは、駅前でレンタサイクルが無料で借りられるのが嬉しいです。自転車を借りて、安芸城址へ。ここは、鎌倉時代に城が建てられたけれど、江戸時代に取り壊されたとか。現在は神社は残ってましたが、天守閣はなく、代わりに資料館が二棟建っておりました。
画像


これは、野良時計。安芸市の名物だそうで、観光客用の駐車場も完備されてましたが、札幌の時計台みたいなものですね
画像


「叱られて」歌碑。安芸市は童謡作家の弘田龍太郎さんの生誕地だそうで。こういうのを自転車で巡っていると、奈良の飛鳥のようですわ。
画像


安芸と言えば、忘れちゃならないのは、タイガースキャンプですよね。
画像


近くには、2003年優勝の記念碑も。
画像


その記念碑の裏側には、星野さんの「夢」の時が掘られてました。写真の左端には太平洋が見えているんですけど、分かりますかね? ここから太平洋では300メートルくらいかな? とにかく近いです。
画像


トラッキー君達の壁画もありました。
画像


こんな立派な室内練習場まであります。タイガースは、安芸キャンプをずっと続けるしかないですね。
画像


安芸駅を3時半頃出て、電車を乗り継いで東京へ帰還したのでした。途中で乗り換えた、後免駅での写真。アンパンマンも、この辺多かったですわ。乗った列車も、アンパンマン列車でしたし。途中で車窓から眺めた、大歩危峡、小歩危峡の景色は、ほんと素晴らしい 高知市は、よさこい祭りの時に来たいし、安芸市はタイガースのキャンプ中に来たいし、大歩危、小歩危はジックリ散策したいと強く思いましたです。
画像


そうそう、今回の旅の目的は観光ではなくて、「0歳からの音楽コンサート」。「安芸市健康ふれあいセンター 元気館」というところで、11時からありました。会場は、詰めたら200人くらい入りそうな広い部屋で、そこにマットが敷いてあって、みんなそのマットに座り込んでました。開園前、黒いスーツを着た男性が、授乳室やらオムツ替え質の案内やらをされてて、流暢なしゃべりやなぁと思っていたら、高知放送のアナウンサーさんでした。開演後すぐ、そのアナウンサーさんに呼ばれて、みゆきお姉さん登場。アナウンサーさんに、ピューロランドでキティーちゃんやミミィ-ちゃんと一緒に唄ったり踊ったりしていた方だと、紹介されてました。そして、振り付きで歌を少し歌われた後、みゆきお姉さんは退場してしまいました。
画像


もう出番終わったかと落ち込んだんですが、しばらくしたら再び登場。その後は、最後まで大活躍でした。
画像


みゆきお姉さんのハート
画像


クイズコーナーの決めポーズ。本当はもっと可愛いのに、シャッターチャンスを捉えきれなかったです
画像


ドラミちゃんを見つめる、しもっちを撮りたかったのに、ドレミちゃんの手にピントが合ってしまった
画像


SomedayIIIでマリアの下村美雪さんも素敵やったけれど、この日のしもっちは、とにかく可愛かった
画像


チビッコ向けのショーなので、ガッツリ踊るシーンはないけれど、歌声はたっぷり聞けて、やっぱりイイですわ。
画像


最後に、アンパンチ-。残念ながら、パンチで顔が隠れちゃいました。
画像


とにかく大満足 頑張って見に行ってヨカッタですわ。こんなに楽しいコンサートが無料で見られるなんて、凄すぎます。次回「0歳からの音楽コンサート」は、9月4日に@イオンモール高知。次回は家族単位で事前申込みとのことなので、私には無理です。いつかまた、自由参加性のコンサートがあれば、見に行きたいなぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック