2011/1/16 西村由紀江→ピューロ

午後2時から調布市文化会館の「それはおしゃれなコンサート。」というコンサートへ行ってきた。西村由紀江さんのコンサートです。西村さんのコンサートへ行くのは、2年ぶり。実に楽しかった 「調布を耕す会」という社会福祉法人の主催でした。障碍のある人には、コンサートなどへはどうしても参加しにくい場合があるけれど、それならば自分たちでコンサートを開催しよう、ということで毎年コンサートを開催されていて、今回が18回目だそうです。オープニングで、「調布を耕す会」の方が挨拶に出てこられて、音楽を静かに聴くことのできない人や、楽しくなると声を出してしまう人もいるかもしれないけれど、それらも含めてお楽しみ下さいというお話でした。実際にコンサートの最中に大声を出す方とかおられたけれど、僕は別にそれで良いと思いましたね。音楽って、聴く人それぞれが、自分なりの楽しみ方をすればいいと思うし、西村さんの音楽は、そういう音楽だと思うし。

今日のコンサートはそういうコンサートなので、観客も西村さんのファンじゃ無い人が大半のようでした。だ身体と思いますけど、オリジナル曲は少なめで、有名曲が中心のセットリストでした。第一部のメインは、宮川泰メドレー。宮川泰とは、西村由紀江の日曜はピアノ気分で共演された関係ですね。関西ローカルで、10年続いた番組ですけど、私もこの番組で西村さんのファンになったのでした。その宮川泰メドレーでは、ズームインとか、宇宙戦艦ヤマトのテーマ曲を当然やる訳ですけど、そのなかで、宇宙戦艦ヤマトの例のスキャットの部分をピアノで演奏されたのは、格好良かった あの曲のピアノソロなんて初めて聴きましたけど、メッチャイイ 今日一番のお気に入りポイントでした。

第2部の冒頭で、クラシックメドレーがありました。エリーゼのためにとか、超有名曲ばかり演奏されたのですけど、超真剣な表情で演奏されてたのが印象的でした。オリジナル曲を弾かれるときは鍵盤を殆ど見ず、気持ちよさそうに踊りながらって感じで弾かれるのに、意外でした。西村さんのピアノに合わせて、観客みんなで手拍子をしたりするコーナーもあり、楽しいコンサートでしたわ。やっぱり音楽は楽しいなぁと、改めて感じましたです。

コンサートが終わったのは、午後4時過ぎ。まだ、間に合うなぁと思って、ピューロへ行っちゃいました。着いたのは、パレードの終盤近くて、まともに見たのは「みらいレボリューション!」1回だけでした。マーブルは、土井敦美さん。
画像


優しそうな、イイ表情をされてます
画像


ノーベルは宗政萌さん。なんだか今日はちょっと元気がないような気がしました。私の思い過ごしであれば、いいのですが。
画像


目線をいただいているみたいですね。ありがとうございます。
画像


シナモンは、中国語では大耳狗と書くようです。ピューロランドでは、中国語も勉強できます。
画像


来週は、バラエティ→でいこう!のイベント。メッチャ楽しみですわ。2月のSomedayのイベントの方は、二日のうち、どちらかだけ行こうと思うとります 今のところは、5日かな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック