2010/12/29 地慕里ジャンクション

年の瀬ですし、一バンド30分ずつとかの、よくあるライブだったら行かなかったと思うのですが、ツーマンライブのトリともなれば行かない訳にはいかないですね。ということで、往復バスで行ってきました。会場はell Fitz ALLということで、撮影禁止なので、写真はなんとなく、4年前のサンシャシン栄。初めてちぃぼーさんの写真を撮った日。
画像


セットリストは、
1 ポチがワンとなくその日まで
2 パパはヒーロー
3 牧子のメリーちゃん
4 変身ラバー
5 バイバイキング
6 数学
7 牛乳ちゃん
8 カエル(仮)
9 たまごっこ
10 キリギリス
~アンコール~
E1 大人になりたい少女
E2 アリ

8曲目は初披露の曲ですね。タイトルは私が勝手に「カエル」にしました。アリ、キリギリスに次ぐ動物ソングがいずれできると思ってましたが、カエルでしたか。手を挙げたり下ろしたり振ったりも盛りだくさんで、地慕里ワールド全開って感じの曲ですな。

「たまごっこ」は最近は時々しかしませんけど、これを聞くとなんだか落ち着きます。地慕里の初期の代表曲ですけど、この曲があったから「幼稚園児ロック」というコンセプトにつながったと思うし、末永く歌い続けて欲しいな。

今回は、若い女性客が多かった 学祭で地慕里を知った方々かな。ファンは着実に増えていってるね。特に、若いファンが増えてくれるのは嬉しいわ。

この日は、重大発表はあると予告されていて、何事かと思っていたら、クアトロで主催イベント第3弾だって その発表の時、隣にいた若い男性客が、「わぁ~スゴイ」ですって。僕はメジャーデビューの発表を期待していたので、ちょっとガッカリした気分もありましたけど、客観的に見たら、スゴイことですね。その日限定のCDも発売されるとか。もちろん行きますよ。2月12日。

この記事へのコメント

ジェームス山田
2010年12月30日 20:08
新旧取り混ぜた選曲でいいライブでしたね。
「キリギリス」の中間部に犬神サーカス団の「○ね、○ね、○んじまえ」を混ぜてきたところにタイトルの「幼稚園児のサーカス団」を感じました。

この記事へのトラックバック