走馬燈のように

カウントダウンパーティ2007が終わりました。これがルビーちゃんの見納めだったかもしれません。てことで、ルビーちゃんの3年間を走馬燈のように振り返ってみたいと思います。

カウで初めて見たルビーちゃんは今まで見たことのない、ニュータイプのキャストさんでした。初々しいし、カワイイいのに、「そこまでせんでもエエのに」と言いたくなるぐらいの熱演が見ていて愉快でした。カワイイのに、それだけにとどまらない「芸」がルビーちゃんの魅力なのよね。
画像


夏カウはかぶり物をかぶっておられない点で貴重なショーです。カウはメイクも濃くなくて、カウでの顔が一番素顔に近いんじゃないでしょうか。まあ、プライベートでのルビーちゃんを見たことがないので、何とも言えませんが。かといって、プライベートのルビーちゃんを見たい訳ではないですよ。演じているときのルビーさんが私には一番魅力的ですから。
画像


セサバのルビーちゃん(マミちゃん)は、とにかくカワイイですね。でも、セサバはルビーちゃんが芸を発揮しにくい内容のショーだという印象を私は持っています。
画像


2004年シーズンを終わったときには、ハピハモにルビーちゃんも出て欲しいと思いました。で、始まったハピハモで、ルビーちゃんは、おぼこかったですね。
画像


5月に入って、スヌフロートの女性陣全員雰囲気が変わりました。メイクが変わったんですかね。
画像


Royal Sweet Weddingなんてのもありました。
画像


BJBでsonaさんの歌で踊るルビーさんが、2005年シーズンでは最も弾けていて、私は好きでした。
画像


クリハモでは、春夏バージョンよりもオネエサンになられた印象を受けましたが、どうでしょう。
画像


2006年ハピハモの初日にルビーさんを見たときには、今まで以上におぼこい印象ですね。
画像


その後も、とにかく楽しませていただきました。3年目の風格も備えて、一段とレベルアップしたルビーさんを楽しむことが出来ました。
画像

画像

画像

そしてカウントダウンパーティ2007で、1年が終わりました。一年間お疲れさまでした。
昨年出演されたキャストの皆さんの中には、来年もUSJに出演される方も、そうでない方もおられると思いますが、皆さん幸せになって欲しいです。でも、キャストさんにとって、USJに出演し続けることが幸せとは限らんのですよね。レビジューのルビーちゃんはシンガーソングライターを目指しておられた訳ですし、東のパークに出たいと思っているキャストさんもおられるようですし。だから、ルビーさんを含めたキャストさん達に、今年もUSJに出演してくださいと願ってはいけないんでしょうな。でも、もし今年も出演されるようなことになれば、やっぱり全力で楽しませてもらいます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック